ezorisu-web

ウェブサイトのデザインとかお仕事の効率化とか

CSSでドロップダウンメニュー

このブログを作るに当たって、いろいろと試行錯誤をした記録です。すぐ忘れてしまうので、覚書として書き留めています。今回はヘッダーのメニュー編。

CSSのドロップダウンメニューです。テストバージョンのオリジナルWordPress Themeで一部表示がおかしくなっているところがあったので、少し整理してみました。
ヘッダー部分に横並びメニューとしてデザインしていて、メニュー項目にカーソルを合わせると階層式に子メニューが表示される、よく見るタイプです。

まずはメニューなのでリンク項目であることを前提に、リストとしてマークアップします。(DEMOではリンク部分でも別のページに飛ばないようにしています)

[sourcecode language=’html’]

[/sourcecode]

1段目は横並びのメニュー項目で、2段目以降は入れ子構造にしていきます。

次はCSS。
まずは、ドロップダウンメニューとしての基本形。

[sourcecode language=’css’]
#menu-sample ul { /*リスト全体*/
list-style: none;
margin: 0;
padding: 0;
}

#menu-sample li { /*リストの1段目*/
float: left;
min-width: 94px;
white-space: nowrap;
}

#menu-sample ul ul { /*2段目以降*/
display: none;
position: absolute;
z-index: 10;
}

#menu-sample li li { /*2段目以降のリスト項目*/
clear: left;
position:relative;
width: 100%;
}

#menu-sample ul ul ul { /*3段目以降*/
top: 0;
left: 100%;
}

#menu-sample ul li:hover > ul {
display: block;
}

*+html #menu-sample ul ul a { /*IE用*/
width: 72px; /*(94-10-10-1-1)パディングとボーダーの分を引いた値*/
white-space: normal; /*幅に応じて改行*/
}
[/sourcecode]

ul:リストの装飾は不要なので削除。マージン、パディングも0にして、いったんきれいな身体に。

1段目のliをfloat: leftで横並びにします。
できればひとつひとつのメニュー項目の幅をそろえたいと思いますが、文字数によってはピッタリ納まるとは限らないので、あくまでも最小幅とし、文字数が増えても対応できるようにしておきます。それがmin-width: 94px部分。94pxはヘッダーの幅と入れたいメニュー項目数から逆算して適当に決めた数値。
white-space: nowrapは下層のメニュー項目も改行しないようにしています。これを入れておかないと3段目以降で固定幅になって、文字が改行されてしまいます(なぜなのかよくわからない)

ul ulはメニューの2段目以降を指定しています。ここで下層のメニューが見えないようにdisplay: noneで 非表示にします。
positionの使い方がわかりにくいですが、ul ulにposition: absoluteを指定して、2段目以降のulにabsoluteがかかるようにします。2段目のulの親要素である1段目のliにはpositionが指定されていないので、親要素の下に絶対配置されます。
z-index: 10は念のため。サイドバーなどにメニュー項目が重なったとき、下になって隠れてしまう場合もあるので。

2段目以降のリスト項目li liはclear: leftで縦並びに戻します。
position:relativeを入れて2段目以降のリスト項目左上を基準とします。
width: 100%は、リスト項目どれかの文字数が多いときにそれに合わせて同じ幅になるようにしています。

3段目以降を示すul ul ulにもabsoluteがかかっていますが、親要素である2段目以降のliでposition:relativeを指定してあるのでその要素の左上が基点となり、子要素であるulにtop、leftなどで基点からの位置を指定します。
ここではtop: 0でliと下段のulのラインを揃えて、left: 100%で親要素のul幅分右へずらしています。
4段目、5段目と階層が増えても、親要素、子要素の関係は変わらないので同じように表示されます。

あとは、li:hover > ul で子要素がある項目にカーソルが重なったときに直下のulをdisplay: blockで表示するようにします。

例によって、IE用の対策。

まずIEではli liでwidth: 100%を指定してもなぜか最大幅のメニュー項目に合わせて同じ幅に広がってくれないので、*+htmlハックでIE用にメニューの幅を固定して改行するように指定してます。
他のブラウザと見た目が少し変わりますが読めるから大丈夫、というレベルで対応。

そもそもIE6は疑似クラスの :hover や min-width が効かないので、「Google Code」の「IE7.js」を使わせてもらいます。

htmlのhead部分に

[sourcecode language=’html’]

[/sourcecode]

を書き込むだけです。

IE6は、しょうがないから最低限の対応だけしておくか、というスタンスなのでご勘弁を。
これに関しては、「なるべくならIE用のHackは使いたくない」と「「IE7.js」で IE6 でも透過 PNG、疑似クラス :hover に対応」を見てください。
上記の*+htmlハック部分も「IEの条件付きコメント」を使って別ファイルにしたほうがスッキリします。

あとは、メニューっぽく装飾を施します。

[sourcecode language=’css’]
#menu-sample li {
margin-left: 3px;
}

#menu-sample a { /*1段目以降のメニュー文字*/
font-size: 13px;
line-height:15px;
color: #dadada;
text-decoration: none;
text-align: center; /*1段目は文字を中央合わせに*/
padding: 5px 10px;
background-color: #242424;
display: block;
}

#menu-sample a:hover {
color: #f90;
background-color: #111;
}

#menu-sample ul ul {
padding-top: 2px;/*2段目を少し下げた*/
}

#menu-sample ul ul ul { /*3段目以降*/
padding-top: 0; /*2段目のパディング2pxを元に戻す*/
}

#menu-sample li li {
margin-left: 0; /*liのmargin-left: 3pxを元に戻す*/
}

#menu-sample ul ul a { /*2段目以降のメニュー文字*/
font-size: 11px;
line-height: 1.3;
text-align: left; /*2段目以降は左寄せにもどす*/
border-top: solid 1px #555555;
border-right: solid 1px #070707;
border-bottom: solid 1px #070707;
border-left: solid 1px #555555;
background-color: #343434;
}
[/sourcecode]

文字色やバックグラウンドの色は、メニュー内のa要素で指定。display: block;でブロック要素にしてサイズを固定します。
a:hoverでカーソルが乗った位置がわかるように文字色とバックグラウンド色が変わるようにします。
2段目以降は文字サイズを少し小さくしてみました。
その他諸々の指定は、個人個人の好みの問題です。

ただ、やっぱりIEが絡んでくるとなかなかうまく表示されない場合もあって、たとえば2段目と3段目で少し隙間を空けようかとか、逆にちょっと重ねてみようかと思うと、細かいところでいろいろ苦労をすることになります。Operaも少し挙動が変になったりします。

とりあえずこのサンプルでは、その辺も考えた上での基本形ということで IE6,7,8、Opera、Firefox、Safari それぞれのブラウザであまり苦労をしないで動くような最低限のデザインにしてあります。

あとは応用ですので、バックの色やボーダー、イメージ画像を使ったりしていろいろバリエーションを楽しめると思います。

参考サイト

WordPressのオリジナルテーマを国際化してみる

国際化。なんかかっこいい。
基本形は英語表示で、日本語で使用する場合のみ日本語表示になるようにします。
たとえばサイドバーの各タイトル。英語で見ているときは「Archives」だけど、日本語で見ているときは「アーカイブ」に切り替わって表示されるという具合。ん、単にカタカナにしただけ?
どうせフリーのテーマを作るなら、世界に通用するものをと、志だけは高く掲げます。

そもそも WordPress のファイルの中、wp-content フォルダ > languages フォルダの中に ja.mo と ja.po というファイルが入っていて、この人たちが英語を日本語に翻訳してくれているんですね。
それでテーマの PHP ファイルの中で、_e(‘Archives’)とか、__(‘(more…)’)と書いておくと、「アーカイブ」とか「(続きを読む…)」というふうに翻訳して表示してくれる。WordPress のディフォルトテーマではこの仕組みで日本語表示をしています。
自分でテーマを作るときは、標準的なものは上記 ja.po の中に英文と日本語訳が入っているから、それを見ながら日本語にしたい部分に書いていけばだいたい足りるみたい。
ところがやっぱりこれは、標準的なものしか入ってなくて、たとえば「月別アーカイブ」という語句を使いたくて、 ja.po の中で検索してみても
英文: “A monthly archive of your blog’s posts”
日本語訳: “ブログ投稿の月別アーカイブ”
なんていうのしか出てこない。ちょっと冗長すぎるからもっと簡潔にいきたいよね。

そこで活躍するのが、「Poedit」というソフト。
これは、ja.po を編集して新しい訳文に入れ変えたりした後、翻訳機能の本体である ja.mo を書き出してくれる。
Windows 用の他に、Mac 版も出ているようなので、さっそくMac 用をダウンロードして使ってみた。ところが、私の環境(Mac OS X の10.5.4)では、うまく動いてくれなかった。途中でかたまってしまう。しかたなく、Windows で作業。こちらは大丈夫みたい。

必要なファイル

  • pot ファイル:どのファイルの何行目の語句を訳しますよという、基本ファイル。たいてい訳語の方は空白になっている。
  • ja.po ファイル:編集作業を行うためのファイル。これを Poedit で読み込んで、対訳を編集していく。
  • ja.mo ファイル:Poedit では、ja.po を保存するときに同時に書き出してくれる。これが翻訳機能の本体。オリジナルテーマと同じ場所に置いておくと、翻訳してくれる。

今回は pot ファイルとして、WordPress 日本語ローカルサイトWordPress を翻訳するで翻訳ツールに関して説明してあり通りに、まずは公式 WordPress POT ファイル をダウンロードして使ってみる。

正直言って、Poedit の使い方はいまだによくわかっていない。なんとなく動いてくれてるからいいかというレベル。
詳しい使い方は一番下の参考サイトなど、細かく教えてくれるサイトがいろいろあるので探してみてください。

ここでは、私がやった方法の概略だけ記しておきます。

  1. Poeditを起動。
  2. ファイル > pot ファイルを元に新しいカタログを作成します… でダウンロードした wordpress.pot を選択
  3. プロジェクトの設定
  4. 原文を確認しながら対訳を書き込んでいく
  5. 保存するときに ja.po というファイルにする
  6. ja.po と同時に ja.mo というファイルが書き出される
  7. ja.po と ja.mo ファイルを自分で作ったオリジナルテーマのフォルダの中にアップロード
  8. functions.php の中に「 load_theme_textdomain(‘適当な名前’); 」を書き足す。私は、’ezorisu’ と付けました。
  9. オリジナルテーマの日本語化したい部分を修正
    たとえば、「月別アーカイブ」と表示したい部分に <h2><?php _e(‘Archives by Month’, ‘適当な名前’); ?></h2>
    と書き込む。
    ’適当な名前’のところに functions.php の中に書いたのと同じ名前を付けてやることで、オリジナルテーマフォルダ内の ja.po を読みに行くようにする。
    これを付けないと、もともとあった languages フォルダ内の ja.po を読みに行くことになる。
  10. 完了

で、ここで気が付いた。翻訳数が少ないのなら、最初に読み込んだ pot ファイルを直接編集しちゃった方が早いかも。
今回は、一般的な語句はもともとあった languages フォルダ内の ja.po の翻訳を使い、少し足りないところや、オリジナルの訳語を使いたいところだけ付け足してるだけだし。jp.po を編集して新しい語句を作る方法もよくわからなかった。
それなら pot ファイルをエディタで開いて直接編集したほうが楽。

#: ファイル名. php :行数
msgid “英語の原文”
msgstr “対訳”

と書いていって、不要な部分を消してしまいます。
再度、Poedit で ja.po を開きます。 「カタログ > POT ファイルを元に更新します…」で更新。数が少ないとこっちの方が簡単。