2011.07.05.

フィットネスクラブでiPhoneを使う

最近引越しをしまして、歩いて行けるところにフィットネスクラブがあるのでこの春から通っています。個人事業主は身体が資本ですからね。

で、最初は自転車こぎなどしながらディスプレイに表示されるクイズやTVを見ていたのですが、すぐに飽きてしまったので「やっぱりiPodだよな」と考えたわけです。
ここでかねてから私の中で懸案事項であったのが、「イヤホンをどうにかしたい!」ということでした。
私の耳の形が人と違うのか、iPhoneに付いてくるAppleのイヤホンがどうにも耳にはまらないのです。ぽろぽろ落ちてきて、まったく使い物になりません。
コードも常々邪魔臭いと思っていたので、ブルートゥースのイヤホンを買ってみることにしました。

条件としては、カナルタイプでiPod、電話両方使えるもの。音楽はほとんど聞かず、もっぱらポッドキャストなので音質はこだわらない。イヤホンは消耗品だと考えているので、なるべくなら安い物。

それで買ってみたのが、ロジテックのLBT-AVHP02です。ステレオイヤホンでイヤーピースも大、中、小の3種類ついてます。フィットネスクラブで使うには、いかにも電話用マイク付きのヘッドセットみたいじゃなくて、いい感じ。
Amazonで見たら、これがまた評判があまりよくなくてどうしたもんだろうと思いましたが、私のようにiPhone 3GSで「音質なんか全然気にしないよ」タイプの人には、とっても快適です。音が途切れることもないし、人の話し声中心のポッドキャストは非常に聴きやすいです。

設定 > 機内モード → オンフィットネスクラブの中ではiPhoneを電話として使うわけにはいかないので、まずは「設定」で「機内モード」を「オン」にします。そうすると電話機能がオフになりますが、同時にブルートゥースもオフになってしまいます。せっかく買ったイヤホンも使えなくなってしまうのは困ります。

設定 > 一般 > Bluetooth > Bluetooth → オンそこで、「機内モード」「オン」のまま、設定画面のもう少し下の方にある「一般」を開きます。「Bluetooth」という項目があるので「オン」にします。これで機内モードのまま、ブルートゥースだけ使うことが出来るようになります。

この記事へのトラックバック URL :

Leave a comment

CAPTCHA